産後のケアは何故必要??いつからいつまで出来る??|燕市で鍼治療なら美藤鍼灸院へ

新着情報

産後のケアは何故必要??いつからいつまで出来る??

2021/06/12

皆さまは、産後のケアをされましたか?

産後のケアをされていない方もされた方もいらっしゃるかと思います。

 

産後のケアをされなかった多くの方が時間や金銭面、子供がいるから、旦那様がケアに対して協力的でないとお聞きしました。

 

当院では、お子さまと一緒にご来院して頂くことも可能ですし、時間や金銭面に関しましても通われた多くの患者様にはお喜び頂いております。

 

では、本題としまして何故産後のケアは必要なのか?と言うことになりますが、ずばり産後はお身体にとってのリスクと危険性、プロポーションの変化が起こるからなのです。

 

まず、リスクと危険性についてですが、出産時は産道を広げるために、骨盤の形が変わります。

これは、リラキシンというホルモンが分泌されることにより、骨盤を緩ませ開いた状態にするためです。

そして産後、骨盤が緩み、開いた状態のままにしておくと、骨格の不安定さに伴い、骨格を支える筋肉・関節に負担がかかってしまうことで腰痛や仙腸関節痛・恥骨痛・股関節痛・膝痛などの痛みが出てきます。

さらに産後は、冷え性や便秘などの症状も出たり、ホルモンバランスの変化によりお肌の症状も出やすくなったり、育児でさらに負担がかかり肩こりなどの症状が出たり、痛みが増したりしてしまいます。

 

次にプロポーションの変化についてですが、産後は筋力の低下と骨盤が開いている為、お尻が大きく見えたり、産前履いていたズボンが履きづらくなったり、履けなくなったりします。

さらに、産後の筋力の低下と骨格異常に伴い内臓機能の低下や代謝の低下により脂肪がつきやすくなり痩せにくくなってしまうことで産後太りになってしまいます。

 

そのため、産後のケアは必要と言えるかと思います。

 

では、産後のケアはいつからいつまで出来るのかについてですが、当院では普通分娩の方は産後1ヶ月から、帝王切開の方は産後2ヶ月から産後のケアが可能です。

※帝王切開の方は、傷口がちゃんと塞がってから産後のケアをし始めてください。

そして、産後のケアはよく産後半年までがいいと聞かれると思いますが、その理由は開いている骨盤が動きやすい期間だからです。

しかし、産後半年を過ぎてからも骨盤はまだ動きますので産後半年過ぎてるからと諦めている方は諦めずに産後のケアを行ってください。

では、いつまで出来るのかですが、個人差はございますが産後のケアは産後1年~1年半が今まで当院で通われていた患者様になります。

 

もし産後のケアについて気になることなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。

一覧へ

美藤鍼灸院

美藤鍼灸院
〒959-0126
新潟県燕市野中才643

新潟県燕市にある鍼治療の美藤鍼灸院では、たるみやほうれい線、シミ、乾燥肌などでお悩みの方のための美容鍼も行っております。まずはお気軽にご相談ください。

  • 080-3270-1972
  • 営業日 月~金 9:30-12:00 / 15:00-20:00土曜 9:30-12:00 / 15:00-17:00祝日 9:30-12:00 / 15:00-18:30 定休日 日曜、臨時休診日あり
  • お問い合わせはこちら
10月営業カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
11月営業カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
休業日
  • facebookへ
  • twitterへ
  • instagramへ

ページの先頭へ